「サイト作成→GoogleAnalytics&SearchConsole登録」一連の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新たにサイトを作成してから、「Google Analyticsに登録→SearchConsoleに登録→2つを連携させる」の一連の流れメモ。

(○○をクリック。の「クリック」という単語は省略してます。)

  1. サイト作成
  2. Google Analytics
    1. 上部メニュー「管理」
    2. 中央「プロパティ」部分の登録サイト名が表示されているプルダウンメニュー最下部「新しいプロパティを作成」
    3. サイト名やURLを登録
    4. トラッキングIDをコピーしてサイトソースのheader内に貼り付け(WPならheader.phpなどに貼り付け)して保存
    5. 左メニュー「プロパティ設定」>最下部SearchConsole部分の「SearchConsoleを調整」
    6. 「編集」(するとSearchConsoleに移動する)
  3. SearchConsole
    1. 一番下「SearchConsoleにサイトを追加」(そのまま進み)
    2. 「プロパティを追加」
    3. サイトURLを追加
    4. アナリティクスから所有権の確認
    5. 「SearchConsoleにサイトを追加」のページに戻って、ページを再読み込み
    6. するとさっき登録したURL横に「このサイトは Google アナリティクス アカウントのどのウェブ プロパティにもリンクされていません。」という表示がでるので、そこにチェックを入れて「保存」

これで完了。

上手く行ったか確認する方法

「アナリティクス最後の設定画面」に戻って、ページを再読み込みすると、いま登録したサイトのURLが(上手く行ってれば)表示されている。

「アナリティクス最後の設定画面」に行く方法

  1. 上記のGoogle Analyticsの流れの中で
  2. 2番の「プロパティ」部分で今登録したサイト名を選択
  3. 「プロパティ」を選択
  4. ページ一番下の「SearchConsoleを調整」をクリック

これで「アナリティクス最後の設定画面」が表示される。

おすすめWPテーマ

SEOに特化した「賢威」


賢威

SEOに“これでもか”と特化したWordPressテンプレートです。

賢威の歴史は古く2007年から公開されています。総購入者数も15,000人を超えています。個人事業主の方から法人まで広く利用されているテンプレートです。

また、SEOマニュアルやフォーラムも付属しているので、SEOの勉強や他の方と交流などをすることができます。

検索エンジンから人を呼び込みたい場合にオススメです。

賢威を詳しく見る

よだれが出るほど美しい「TCD」


TCD

とにかく美しいWordPressテンプレート。

カッコいいプロ仕様のブログやサイトを運営したい場合にオススメです。

TCDは種類も豊富にあり、個人ブロガーからアフィリエイター、企業サイト、ギャラリーサイト、美容・エステ系、飲食・レストラン系など多数のテーマがあります。

次の記事でそれぞれ紹介しています。

TCD各テーマ紹介記事を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。