TheoryBaseバージョン0.1.8aでGoogle Analytics解析するためには「トラッキングコード」を入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TheoryBaseバージョン0.1.8のGoogle Analytics設定の項目が修正されたようで、現在はバージョン0.1.8aを配布しています。

Xeoryテーマのバージョンアップのお知らせ(XeoryBase Ver0.1.8a)

で、バージョン0.1.8aでアナリティクスで解析するためにはトラッキングID“ではなく”、トラッキングコードを入力する必要があります。

  • トラッキングID:UA-00000000-00
  • トラッキングコード:scriptタグで囲まれた6行くらいのコード ← こっちを入力する

私は何も知らずに普通にUAから始まる簡単なトラッキングIDを入力したのですが、そうしたらページヘッダーにそのIDが普通に表示されてしまいました(笑)。

で、慌てて今度は、トラッキングコードを入力して保存したところ、無事ページヘッダーに表示されてたトラッキングIDは表示されなくなりました。

(Google Analyticsの設定は「管理画面>初期設定>Googleアナリティクスの設定」から行えます。)

おすすめWPテーマ

SEOに特化した「賢威」


賢威

SEOに“これでもか”と特化したWordPressテンプレートです。

賢威の歴史は古く2007年から公開されています。総購入者数も15,000人を超えています。個人事業主の方から法人まで広く利用されているテンプレートです。

また、SEOマニュアルやフォーラムも付属しているので、SEOの勉強や他の方と交流などをすることができます。

検索エンジンから人を呼び込みたい場合にオススメです。

賢威を詳しく見る

よだれが出るほど美しい「TCD」


TCD

とにかく美しいWordPressテンプレート。

カッコいいプロ仕様のブログやサイトを運営したい場合にオススメです。

TCDは種類も豊富にあり、個人ブロガーからアフィリエイター、企業サイト、ギャラリーサイト、美容・エステ系、飲食・レストラン系など多数のテーマがあります。

次の記事でそれぞれ紹介しています。

TCD各テーマ紹介記事を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。